お月見は年に一度のものではないです

日本にしか無い風習ですが、ほとんどが知っている十五夜から一ヶ月して十三夜となりますが、この日にもまたお月見となります。
二回目に行われるお月見は忘れがちですが、1回だけのお月見は片月見とされていてよくないことです。
お月見を一度するなら、1か月後も必ず抜かさないでお月見するように気をつけましょう。
すすきを手に入れてお月見に供える人は大勢いますが、すすきは神様を招き入れる稲穂の代わりに使われます。
それ以外にも、すすきには魔除けの力があると言われていますから、お月見の日が来てすすきが飾ってあると、これから一年もの間病気もなく生きていくことが可能ですから、すすきを飾って家族一同の健康をお願いするといいですよ。
秋は果物や野菜などが大量にできる収穫の季節です。
感謝を形にするためにお月見は行われるようになり、農家ではかなり前からこのような習わしが続けられています。
お月様に感謝するのは、収穫が夜までかかり、月明かりがあるおかげで問題なく収穫できたからです。
以前は電気の存在がなく、農家では月のあることはかなりの救いになっていたのです。

あきらめないで!しわ・乾燥肌に効くアンチエイジング化粧品

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です