演出というものは言うまでもなく映画を構築していく上での

大切な要素の一つだ。一例として「ノッティングヒルの恋人」に出てくるロンドンの蚤の市の名所ポートベロー・マーケット。さりげなさと巧みさとが見事に混じりあう、まさに日常と非日常の狭間のようなこの映画の空気感を体現したかのようなシーン。こういった演出の数々を探し出すのもこの映画の面白味の一つだ。「ノッティングヒルの恋人」の大きな魅力の一つは音楽があげられるに違いない。ノッティングヒルという舞台に溶け合うかのような素晴らしい旋律が次から次へと、それでも押しつけがましくなく流れていく。映画が終わった後には、もう一度音楽だけで各シーンに浸りたくなる、そんな楽しみ方もできる映画だ。言わずと知れた「ノッティングヒルの恋人」を最初に鑑賞した時には、正直なところ全くピンと来なかった。けれど先日、ひょんなきっかけでもう一度鑑賞してみたところ、なんとも染み入る名作だということに今更気づいてしまい、とても得をしたような気になった。今後も歳を重ねるごとにこんな嬉しい再会が増えていくのが楽しみだ。
xn--nckg3oobb8486bumf9wpjvo9s1a6sa619q.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です