秋になると空が澄み渡っていて月が最も美しく映しだされると言われています

そんな秋になって行われるのがお月見です。たくさん収穫できるよう満月が来るときにお月見となりますが、古くから続いている歴史の長い行事です。毎日慌ただしい日が続いている人も、ときにはゆっくり月を眺めながら、家族一同でゆるやかな時を過ごすのもおすすめです。秋はいろいろな果物や野菜がいっぱいできる収穫に一番の時期です。感謝を形にするためにお月見は行われるようになり、農家ではかなり前からこの風習が継がれています。お月様にお礼するのは、収穫が昼では終わらず、月明かりがあるおかげで無事に収穫が済ませられたからです。以前は電気の存在がなく、農家から見て月のあることはずいぶんの助けになっていたのです。お月見に準備する不可欠なものの一つといえばお団子です。今までの感謝の気持を込めて、お月様のために月見団子が供えられます。丸くて小さい団子を上に重ねていく月見団子は、お盆やお皿を用意してお月様の見やすいところに供えてください。お月見が終わったら、月見団子は全員で食すれば楽しいですし、全員が温かい気持ちに身を任せることができるのです。
http://www.xn--t8j4aa4n8hrg5bv049achiuip6n3c0i2b.xyz/